エネルギーへの取組

化石資源枯渇や温暖化ガス排出の問題から、新しいエネルギー利用技術とエネルギー節約技術(省エネルギー技術) の開発が求められています。
山口大学工学部社会建設工学科では、新エネルギーとして、メタンハイドレイトや波力エネルギー変換技術に取り組んでおり、 これらの分野でリードしています。
また、省エネルギー技術として、冷房装置室外機からの熱風を水の気化熱で冷やし、冷房用電力の削減・電力ピークカットと ヒートアイランド対策の技術を提案しています。

 
 

自然災害への取組>>
維持管理(メンテナンス)への取組>>
海外への取組>>
就職状況>>