学科トップ

学科トップ社会の持続的発展のためには、豊かな生活を支える社会基盤の整備、安心・安全な生活を送るための防災システムの構築、自然と調和した社会を実現する環境保 全技術の確立が欠かせません。社会建設工学科では、このような分野に貢献できる技術者を養成しています。さらに、近年の国際化・国際貢献の要請に応えるべ く東アジア国際コースを開設し、世界に通用する技術者の育成に情熱を持って取り組んでいます。

  


山口大学工学部HPの「卒業生の声」では、社会建設工学科卒業生の高校生へのメッセージなどがあります。

清水則一教授が記念講演
2017.12.18更新
清水則一教授が記念講演

今年9月に防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞した清水則一教授(社会建設工学科)が12月12日夕,宇部市のホテルで「防災・安全監視への宇宙技術の応用とその国際展開」と題して記念講演を行いました.清水教授と交流のある産官学の関 […]

平成29年度土木学会全国大会第72回年次学術講演会にて優秀講演者賞を受賞
2017.12.11更新
doboku

平成29年度土木学会全国大会第72回年次学術講演会(九州大学伊都キャンパス,平成29年9月11日-13日)にて博士前期課程1年の香川拓輝君が「インドネシア共和国リアウ州島嶼域における海岸侵食の現状」,博士前期課程1年の山 […]

清水則一教授がボスニア・ヘルツェゴビナでトゥズラ大学長市長と会談
2017.11.29更新
リモートセンシング技術による支援と交流②

清水教授(創成科学研究科,応用リモートセンシングセンター副所長)はボスニア・ヘルツェゴビナのトゥズラ大学(University of Tuzla)に招聘され講演を行うとともに,学長,および,トゥズラ市長と会談し,今後の技 […]

社建研究室対抗バレーボール大会開催
2017.11.13更新
2707

社建研究室対抗のバレーボール大会が2017年11月12日(日),工学部体育館にて開催されました.9チーム約60名の学生が参加しました.優勝は吉武研でした.