取得できる資格

卒業後申請により取得できる資格: 技術士補/測量士補/教員免許1種(工業)
将来的に取得可能な資格: 技術士/測量士


技術士制度は,技術コンサルタントの健全な発達を図るための国による技術者の資格認定制度です.技術士及び技術士補は,技術士法に基づいて行われる国家試験に合格し,登録した人だけに与えられる称号であり,科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある資格といえます.山口大学社会建設工学科は,JABEE認定を受けているため,卒業後に登録すれば,技術士補を取得できる特典があります.
資格の具体的な有効性について述べますと,国土交通省などが発注する一定規模以上の工事現場においては,技術士又は一級土木施工管理技士の資格を有する監理技術者を置く必要があります.また,建設コンサルタント業務においては,技術士又はRCCM等の資格を有する管理技術者を置く必要があります.このほか,昇任にあたって技術士資格取得を事実上の必要条件とする会社もあり,技術士は,建設業界において,業務のマネジメントを行う幹部として活躍するために必要不可欠な資格です.
技術士資格を取得するためには,第一段階として技術士第一次試験に合格し技術士補を取得する必要があります.技術士第一次試験(建設部門)においては,土木工学に関する専門知識の他に,数学,物理など科学技術全般にわたる基礎知識や技術士等の義務に関する問題も出題され,受験勉強は相当の困難を伴いますが,当学科卒業生は,前述しましたように受験を免除されています.
FLOW※ 山口大学社会建設工学科は,「認定された教育課程」に該当します.
※ 引用元:>> https://www.engineer.or.jp/c_topics/000/attached/attach_11_1.pdf
>> 公益社団法人日本技術士会


測量士とは、技術者として「基本測量(すべての測量の基礎となる測量)」 、「公共測量(国又は地方公共団体の実施する測量)」に従事するために必要な測量業者に配置が義務づけられている国家資格です。
「測量士」は、測量に関する計画を作製し、又は実施する者
「測量士補」は、測量士の作製した計画に従い、測量に従事する者

>> 国土交通省国土地理院