学習・教育目標


学習・教育到達目標と学科の開設科目との対応表(学内限定)


教育目的
松山基範初代学長は山口大学の建学の精神を「真理を探究し,これを応用して社会に貢献する基礎を培うとともに,人格修行の場」として大学を位置づけました.現在の山口大学はその精神を引き継ぎ「発見し・はぐくみ・かたちにする知の広場」という理念を掲げています.工学部の教育目的はこの理念を念頭に置き,以下のように設定されています.
【工学部の教育目的】

 1. 科学技術の基本哲学に立脚し,新しい真理や原理を追求し,人類に有益な道具や知的財産を具現化する”ものづくり”ができる人材を育てる.
 2. 総合的,学際的な教養に立脚し,自らの課題と地球環境や人類全体との関わりについて総合的に考え,判断していく能力のある人材を育てる.
 3. 国際的に通用する技術者の養成と生産物に対する責任と倫理観を持つ人材を育てる.
上記を要約すると,「責任感を持ち,自分で考え新しい発想ができる人材に育てる」ことが工学部の教育目的と言えます.

以上を踏まえて,社会建設工学科では,「実務社会で活躍できる土木・建設技術者を育成する」ことを使命とし,以下の教育目的を掲げています.
【社会建設工学科の教育目的】
(1)高い技術力を有する技術者に育てる

  1-1 Civil and Environmental Engineering の専門的基礎力とその応用力のある技術者に育てる
  1-2 問題発見能力のある技術者に育てる
  1-3 問題解決能力のある技術者(創意,創造,工夫のできる人)に育てる
  1-4 表現力,説明能力のある技術者に育てる
  1-5 豊かな教養のある技術者に育てる

(2)自信と活力を持ち,常に自己の向上を目指す技術者に育てる

  2-1 自主的に継続的学習が行える技術者に育てる
  2-2 計画力とその遂行能力のある技術者に育てる
  2-3 協調性を持って仕事ができる技術者に育てる

(3)倫理観のある技術者に育てる

  3-1 技術者倫理観,環境倫理観,人道的倫理観のある技術者に育てる

(4)国際的視点を持ち,国内外で活躍できる技術者に育てる

社会建設工学科の学習・教育到達目標
上記の教育目的を達成する具体的目標として,以下の学習・教育到達目標を掲げています.
【社会建設工学科の学習・教育目標】(東アジア国際コース・社会建設工学コース共通)
(A)土木・環境分野の確かな基礎力を身につける

  A-1 人類と文明・地域・自然との相互関係を理解する基礎的知識
  A-2 土木・環境分野に関連する数学・自然科学・情報処理の基礎的知識
  A-3 土木・環境分野の基礎的知識
(B)技術に対する向上心と倫理観をはぐくむ

  B-1 自主的かつ継続的に学習する能力
  B-2 高い倫理観を持ち,明るい社会や豊かな自然環境をつくり維持する能力
(C)実務に応用できるデザイン能力をはぐくむ

  C-1 実務を理解し,内包する問題点や解決すべき課題を発見する能力
  C-2 課題を創意・創造・工夫により解決し,形にする能力

(D)円滑な課題遂行のためのチームワーク力をはぐくむ

  D-1 関連する課題を的確に表現し,説明する能力
  D-2 土木・環境分野の基礎的な国際コミュニケーション能力


社会建設工学科の教育目的と学習・教育到達目標は次表のように対応しています.

【教育目的と学習・教育到達目標との対応表】

  (1) (2) (3) (4)
1-1 1-2 1-3 1-4 1-5 2-1 2-2 2-3 3-1
(A)

A-1
A-2
A-3
-
O
O
-
-
-
-
-
-
O
O
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
O
-
-
(B) B-1
B-2
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
O
-
-
(C) C-1
C-2
-
-
O
-
-
O
-
-
-
-
-
-
-
-
O
O
-
-
-
-
(D) D-1
D-2
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
O
O
-
-
-
-
-
O
JABEEが要求する基準

日本技術者教育認定機構(JABEE)では,工学教育の修了生の学習・教育到達目標の目安として以下の基準を設定しています.

【JABEE基準1(学習・教育到達目標)】

 a. 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
 b. 技術が社会や自然に及ぼす影響や効果,および技術者が社会に対して負っている責任に関する理解(技術者倫理)
 c. 数学及び自然科学に関する知識とそれらを応用できる能力
 d. 当該分野において必要とされる専門的知識とそれらを応用する能力
 e. 種々の科学,技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
 f. 論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力
 g 自主的,継続的に学習する能力
 h. 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め,まとめる能力
 i. チームで仕事をするための能力


本学科の学習・教育到達目標は,上記の基準を網羅するように設定しています.その対応表を以下に示します.表中のO印は,その項目が密接に関連することを示しています.

【社会建設工学科の学習・教育到達目標とJABEE基準との対応表】

a. b. c. d. e. f. g. h. i
(A)

A-1
A-2
A-3
O
-
-
-
-
-
-
O
-
-
O
O
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
(B) B-1
B-2
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
(C) C-1
C-2
-
-
-
-
-
-
O
-
-
O
-
-
-
-
-
O
-
O
(D) D-1
D-2
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
O
O
-
-
-
-
O
-