2017年

オープンキャンパス開催:学科イベントにのべ600人の来場者

イベント

8月4日,山口大学工学部のオープンキャンパスが開催され,約1300人の来訪者で賑わいました.社会建設工学科でも,5つのイベント(「コンクリートの橋をつくってみよう!」「体験!ドローン空撮」「世界に誇るトンネル技術」「身近な危険!!地盤と防災」「現役学生に相談しよう」「学科紹介」)を開催し,のべ約600人の参加者がありました.高校生たちは,様々な実験に参加したり,大学院生や教員に質問したりと,新鮮なキャンパス体験を楽しんでいました.

2. tunnel 1. gakkashoukai 3. concrete

第20回山口県測量競技大会に出場

イベント 受賞

社建の佐藤弘規君(M2),宮宗哲也君(M1),阿波亮祐君(B4),松永晋平君(B4)が2017年8月25日(金),山口県セミナーパークで開催された第20回山口県測量競技大会(主催:山口県建設技術協会)に出場しました.県大会は初の参加でしたが,8位(15チーム中)の好成績で,水準測量の種目では満点(1位)を取りました.9月に開催される中国地方大会でのさらなる活躍が期待されます.大会には山大の卒業生が多数出場していました.

IMG_3270 IMG_3235 IMG_3263

「測量大会で出会った山大・社建卒業生のみなさん」

IMG_1523-COLLAGE IMG_1479-COLLAGE

鈴木教授と神野助教が平成29年度河川基金優秀成果賞を受賞

受賞

29年度研究成果発表会_記念撮影2当学科の鈴木素之教授および神野有生助教が,7月27日に行われた平成29年度河川基金研究成果発表会(主催:河川財団)で,優秀成果賞を受賞しました.対象となった研究は,それぞれ「ジオスライサー調査と古文書解析による佐波川沿いの洪水・土石流ポテンシャルの変遷の評価」と「UAVを用いた高密度・高効率な河川測量技術の検証」でした.この賞は,昨年度の河川基金研究助成事業によって実施した研究について,得られた成果が極めて優秀で他の模範となる研究を表彰したものです.今後のさらなる展開が期待されます.

« »