自然災害への取組

地震や水害などの自然災害は人命に直接かかわる問題です。自然災害による被害を最小限に食い止めるためには、 災害の起こる仕組みを理解し合理的な対応策を考えることが必要です。
社会建設工学科では、防災に関わる社会資本整備の関連で、高潮や津波が起こる仕組みや対策技術、地震による揺れと耐震技術、 斜面の安定と補強技術、雨の強さと河川流量の関係・河川計画の方法などを学びます。 また、斜面の補強技術、雨水の地中貯留による河川流量平準化、消波構造物などの研究を行っています。

維持管理(メンテナンス)への取組>>
海外への取組>>
就職状況>>