2017年

鈴木教授と神野助教が平成29年度河川基金優秀成果賞を受賞

受賞

29年度研究成果発表会_記念撮影2当学科の鈴木素之教授および神野有生助教が,7月27日に行われた平成29年度河川基金研究成果発表会(主催:河川財団)で,優秀成果賞を受賞しました.対象となった研究は,それぞれ「ジオスライサー調査と古文書解析による佐波川沿いの洪水・土石流ポテンシャルの変遷の評価」と「UAVを用いた高密度・高効率な河川測量技術の検証」でした.この賞は,昨年度の河川基金研究助成事業によって実施した研究について,得られた成果が極めて優秀で他の模範となる研究を表彰したものです.今後のさらなる展開が期待されます.

«